주요 기사 바로가기

【韓半島平和ウォッチ】援助を倍に増やして「魅力コリア」ブランドを作ってこそ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.26 13:40
0
◆世界を助けることも国家競争力指標

ところがDACのメンバーではない中国は昨年GNIの0.36%である380億ドルを対外援助に割いた。援助を通じて非民主的権威主義国家というイメージを相殺し、親中国を増やそうとする戦略だと評価されるが、援助規模だけをみれば米国を凌駕する世界最大の援助供与国だ。

また、米国など先進国が自国内の新型コロナ拡散防止に汲々としてワクチンの対外支援に手が回っていない間、中国はシノバック・シノファームというワクチンを東南アジアやアフリカなど開発途上国に素早く大量に支援することによって、これらの国々との関係を増進して国家イメージも改善させる外交的成果を上げた。

韓国が進むべき方向は明確だ。後発先進国として、また北東アジア国家の一員として韓国は段階的に援助規模を少なくとも日本のGNI比率に次ぐ0.3%程度の水準に上げる目標を立てるべきだ。政府としては国内的に多くの予算支出が必要な時代に援助を増やすことに抵抗感を持つかもしれない。しかしこれからは「貢献力」も国家の重要な競争力だ。

新興先進国として世界経済の発展の歴史で特別な位置にある韓国が、厳しい時期であるほど世界と人類の大義に寄与することによって、大きな光を放つ絶好の機会を逃すべきではない。

対外的な貢献に劣らず重要なのは、韓国を先進国に劣らず魅力があふれる空間へと発展させることだ。世界の人がやって来て長く住んでみたい韓国というブランドを作らなければならない。

国の規模や地政学的理由で、韓国は日本・中国、西側の先進国よりも文化的な伝統を蓄積する経済的余裕を持つことができなかった。しかし、失われた時間を取り戻すように、韓国は短期間に製造業だけでなく映画・音楽を含む文化産業でも全世界が注目して驚嘆する重要な波(韓流)を作り出した。韓流が韓国のイメージと商品価値を大きく引き上げたのも事実だ。

◆開放的共同体を形成する世界市民

これからは韓国社会を開放的で包容的な成熟した共同体にしていく努力に国民が参加しなければならない時期だ。韓国社会が世界の人々が自由に活動できる開かれた舞台にならなければ、韓国人も世界を舞台に夢を叶えるのは難しい。残念だが外国人の目には韓流の人気と韓国人に対する認識の間に乖離が存在することを認めざるを得ない場合が多い。

今や地球は「私の」祖国であり、「私は」世界市民だという意識を持たなければならない時だ。そうしてこそ、韓国人自体が韓国の品格を高める貴重なブランドになるだろう。

今後韓国が経済発展を繰り返すほど、韓国は国際貢献、開放性や包容性などさまざまな分野で国際社会の厳正な試験台に上がることになるだろう。この試験を通過してこそ、韓国は名実共に先進国としての評価と待遇を受けることができる。

筆者は経済発展の原動力である活気、人を配慮して助ける優しさ、気品ある文化の香りがあふれる韓国を夢見ている。その夢が実現されれば、国力と国の品格が上昇作用を成しながら物質・精神の両面で豊かな、本当の意味での「先進韓国」が誕生する。

イ・ヒョク/元駐ベトナム大使 【韓半島平和ウォッチ】援助を倍に増やして「魅力コリア」ブランドを作ってこそ(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP