주요 기사 바로가기

<北京五輪>ロシア優勝のフィギュア団体戦、授賞式が突然延期…またドーピングスキャンダルか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.10 08:03
0
2022北京冬季オリンピック(五輪)フィギュアスケート団体戦の授賞式が延期になった。国際オリンピック委員会(IOC)は9日、定期記者会見で「8日午後10時に行う予定だったフィギュア団体戦の授賞式が『法的な問題』で延期になった」と発表した。

7日に終了したフィギュア団体戦は男女シングルとペア、アイスダンスなど4種目で国別に代表選手が出場して競い合った後、順位別に点数(1位10点、2位9点、3位8点など)を適用して総合点数で順位を決める種目だ。ロシアオリンピック委員会(ROC・Russia Olympic Committe)が女子シングル優勝候補のカミラ・ワリエワを前面に出して金メダルを獲得した。銀メダルは米国、銅メダルは日本がそれぞれ手にした。

五輪関連のニュースを伝える英「インサイド・ザア・ゲームズ」やAP通信によれば、マーク・アダムスIOC広報部長は授賞式が延期された理由に関し「国際スケート連盟(ISU)と法的に議論中の突発事案」としながら詳しく説明しなかった。インサイド・ザ・ゲームズは「ROC選手と国際ドーピング機構の間に起きた一連の状況のためだとみられる。五輪を控えて実施したドーピング検査の結果と関連がある」と解釈した。

 
2019年9月に国家主導のドーピングスキャンダルが取り沙汰されたロシアは、2020年12月、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)から2年間五輪やワールドカップ(W杯)など主要国際大会への出場を禁じられる制裁を受けた。だが、懲戒範囲が国家資格に制限されたもので、ロシアの選手たちは「ROC」という名称で東京夏季五輪と北京冬季五輪に出場した。

AP通信は「メダルを取った国の選手が失格処分を受ける場合、その国はこの懸案をCASに提訴することができる」と伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <北京五輪>ロシア優勝のフィギュア団体戦、授賞式が突然延期…またドーピングスキャンダルか

    2022.02.10 08:03
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア女子フィギュア代表のカミラ・ワリエワが7日午後、中国北京首都体育館で開かれたフィギュアスケート団体戦女子フリースケーティング競技を終えた後に残念そうな表情を浮かべている。キム・ギョンロク記者
    TOP