주요 기사 바로가기

韓国発暗号資産テラ暴落の影響…暗号資産ヘッジファンド・仲介業者などで破産ドミノ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.04 12:04
0
テラを発端とする破産ドミノが進行中だ。テラ暴落の影響でファンドを清算したり取引を中断する暗号資産関連業者が続出している。

ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、「英領バージン諸島の裁判所が今週数回にわたり暗号資産下落に耐え抜いたヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(3AC)に清算命令を下した。このヘッジファンドに投資した暗号資産プラットフォームのボイジャーデジタルはこのファンドの破産が流動性に影響を及ぼさないかを評価しており、現在引き出しを制限している」と報道した。

今回清算命令が下された3ACは最近の暗号資産市場の沈滞で相当な規模の損失を出し破産に至ることになった。5月に暴落した韓国の暗号資産テラUSDとルナにも投資していたことがわかった。結局バージン諸島裁判所は債務返済に失敗した暗号資産ヘッジファンド3ACに先月29日に清算命令を下した。

3AC破産の余波は暗号資産仲介会社のボイジャーデジタルに広がってきた。3ACに貸し付けた資金の返済を受けられなくなり厳しい状況に陥っている。テラUSDからルナ、3AC、ボイジャーデジタルへと衝撃が拡散する様相だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ボイジャーデジタルが3ACに貸し付けた暗号資産は1万5250ビットコインとステイブルコイン3億5000万ドル相当だ。1万9400ドル水準であるビットコイン価格に基づいて計算すると、ボイジャーの3ACに対する貸付損失規模は6億4600万ドルに達する。ボイジャーデジタルは結局取り付け騒ぎを防ぐため1日から引き出し制限に出た。

3AC清算の衝撃は3ACと取引する他の中小暗号資産金融会社にドミノのように拡散している。香港の暗号資産仲介会社8ブロックスキャピタルは「3ACが自社の資本100万ドルを流用した後連絡がつかなくなった」と明らかにした。またDeFi(分散型金融)企業であるカイバーネットワークも同紙に「3ACから受け取るべきお金があるが3ACからはなんの返事もない」と明らかにした。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「暗号資産金融会社同士で互いに絡まり合う流れは2007~2008年の金融危機を招いた銀行の姿と似ている」と指摘した。当時銀行は互いに貸し借りをしながら資金関係が深く絡まっている状態で、結局リーマン・ブラザーズがサブプライムローン問題の中で崩壊すると、金融システム全体が揺らぐ状況がもたらされた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国発暗号資産テラ暴落の影響…暗号資産ヘッジファンド・仲介業者などで破産ドミノ

    2022.07.04 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    韓国発暗号資産テラ暴落の影響…暗号資産ヘッジファンド・仲介業者などで破産ドミノ
    TOP