주요 기사 바로가기

日本音楽盗作問題の韓国有名作曲家、13年続けた音楽番組から降板

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.18 16:14
0
盗作問題が取り沙汰されている韓国有名ミュージシャン兼放送人のユ・ヒヨルが13年間司会を務めてきた音楽番組『ユ・ヒヨルのスケッチブック』から降板する。同番組は今週の第600回目の放送を最後に幕を下ろすことになった。

18日、放送関係者によると、KBS(韓国放送公社)第2テレビの『ユ・ヒヨルのスケッチブック』は19日にユ・ヒヨルと最後の収録を行う。ユ・ヒヨルは所属事務所アンテナミュージックを通じてコメントを出して「『ユ・ヒヨルのスケッチブック』は600回目を最後に締めくくろうと思う」とし「13年3カ月という長い時間をご一緒してくださった多くの方々に心から感謝のご挨拶をお伝えしたい」と明らかにした。

ユ・ヒヨルは最近「ユ・ヒヨルの生活音楽」プロジェクトの2番目のトラック『とても私的な夜』が日本映画音楽の巨匠坂本龍一の『Aqua』と似ているという疑惑が提起されて盗作疑惑が提起された。ユ・ヒヨルがこれを認めて謝罪したが、別の盗作まで疑われ、『スケッチブック』MCの降板要求に直面することになった。ユ・ヒヨルは「まず長い時間、私に関連した論争で疲労感を差し上げることになり、改めて心からお詫びの言葉を伝える」とし「私の放送活動に対する決定は、携わってくれている制作スタッフをはじめとする多くの方々に準備時間が必要だった部分もあるので、遅れた点に対して寛容なご理解をお願いしたい」と明らかにした。続いて「番組と制作スタッフの被害を最小化するために今週まで最後の収録を進めようと思っている」とし「これ以上被害が及ばないように最善を尽くし、残った責任を全うしたい」と話した。

 
ユ・ヒヨルは盗作問題に対して「これまでに起こった数多くの状況を見て、自分自身を最初から再び振り返ることになった」とし「過去の時間を否定されたようだという言葉が最も胸が痛かった。喪失感がどれくらい大きかったのか、推し量ることができないほど」と頭を下げた。

ただし「私はいま提起されている盗作疑惑に同意できない部分がある」とし「投稿されている相当数の疑惑は各自の見解であり、解釈でありえるが、私としては受け入れるのが難しい部分」とした。あわせて「ただしこのような論争が再び起きないように自分自身をさらに厳しく振り返っている」と付け加えた。

ユ・ヒヨルは「とても私的な夜」盗作問題については、先月14日にSNSを通じて「検討の結果、曲のメインテーマが十分に似ているということに同意することになった」と認めたことがある。それとともに「長きにわたって最も影響を受けて尊敬したミュージシャンなので無意識のうちに記憶の中に残っていた類似の進行方式で曲を書くことになった。発表当時、私の純粋な創作物と考えたが、両曲の類似性を認めるほかなかった」としながら「十分に確認することができず、多くの方々に失望を差し上げたことに対してお詫びの言葉を申し上げる」と謝った。

これに対して原曲者である坂本龍一は先月20日、「両曲に類似性はあるが、私の作品『Aqua』を保護するための法的措置が必要な水準だとは見ることができない」という立場を明らかにした。

だが、ユ・ヒヨルは別の曲に対しても盗作疑惑が持ち上がっている。2013年に放送されたMBC(文化放送)芸能番組『無限に挑戦-自由路歌謡祭』で発表された『Please Don’t Go My Girl)(Feat.

キム・ジョハン)』と米国R&Bグループのパブリック・アナウンスメントの『Body Bumpin』の流れが似ているという疑惑を受けたほか、2002年に発売されたソン・シギョンの曲『Happy Birthday to You』が1998年日本の有名ロックバンド安全地帯のメンバー兼シンガーソングライターである玉置浩二が発表した曲『HAPPY BIRTHDAY ~愛が生まれた~』と似ているという疑惑を受けた。

ユ・ヒヨルは「私が今どこに来ているのか、私の残りの役割が何か、時間を持って熟慮して冷遇しない」と話した。続いて「音楽を大切にしている多くの方々にご心配をおかけてしてしまい、改めて申し訳ないと申し上げたい」と再度謝罪した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本音楽盗作問題の韓国有名作曲家、13年続けた音楽番組から降板

    2022.07.18 16:14
    뉴스 메뉴 보기
    韓国のミュージシャンで放送人のユ・ヒヨルが、13年間続けてきたKBS(韓国放送公社)第2テレビの音楽番組『ユ・ヒヨルのスケッチブック』から降板する。[写真 KBS]
    TOP