주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>徐ギョン徳教授「FIFAの旭日旗制止、適切な措置…退出を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 10:50
0
誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授はカタール・ワールドカップ(W杯)で日本サッカーファンが旭日旗で応援すると、国際サッカー連盟(FIFA)が直ちに制止したことに対して、「とても適切な措置だった」と述べた。

徐教授は28日、自身のフェイスブックに「昨夜、コスタリカと日本とのE組第2次戦が開かれるアライヤンのアフマド・ビン・アリ・スタジアムの観客席に日本のサッカーファンがまた旭日旗応援を掲げた」として「だが、競技場の安全要員が直ちに出動し、これを制止した」と話した。

競技場に旭日旗を掲げて制止される日本ファンもいた。

また「これはFIFAがいよいよ旭日旗応援を公式に制止したことなので極めて意味が大きい」と話した。

また「アジアのサッカーファンだけでなく、全世界のサッカーファンを尊重する適切な措置だったと判断する」と明らかにした。

そして「今回のことを通じて日本は国際的な恥を避けることができず、二度と旭日旗応援をしてはならないという良い教訓にすべきだ」と話した。

また「この勢いを駆り立て、全世界のすべてのスポーツ競技からの旭日旗応援をすべて退出させることができるようにもっと力を合わせよう」と強調した。

徐教授は、「ロシアW杯から旭日旗の問題点に関する映像を作って全世界に広報し、FIFA側に絶えず抗議してきた韓国のネットユーザーのおかげで今回の成果が実現した」と評価した。

FIFAは25日、イングランドと米国のグループリーグB組の試合で十字軍の服装をしたイングランドファンの入場も制止した。アラブ地域の立場から見れば、十字軍の服装はムスリムに不快感を与えかねないというFIFAの判断からだ。十字軍戦争はキリスト教遠征隊とイスラム勢力の間で起きた宗教戦争だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>徐ギョン徳教授「FIFAの旭日旗制止、適切な措置…退出を」

    2022.11.28 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    徐ギョン徳教授[写真 徐ギョン徳教授提供]
    TOP