주요 기사 바로가기

960キロ離れたモスクワ狙う、ロシア爆撃機を消すウクライナの「秘密武器」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.28 08:22
0
開戦から10カ月が過ぎたウクライナ戦争で無人機(ドローン)が核心「非対称戦力(相手の対応が難しい武器)」に浮上している。ウクライナはドローンを活用して数百キロ離れたロシアの軍事基地を相次いで打撃し、ロシアの長距離ミサイル空襲を阻止している。ロシアも不足するミサイルの代わりに自爆ドローンでウクライナの民間施設を攻撃している。

今月に入ってウクライナはロシア領土内の軍事基地を狙った長距離攻撃をしている。攻撃手段はドローンだ。26日、ウクライナの国境から約500キロ離れたロシア南部サラトフ州エンゲリス空軍基地には、ウクライナが送ったと推定されるドローンによる攻撃でロシア軍3人が死亡した。5、6日にもエンゲリス基地をはじめ、ロシア西部リャジャン州ディアギレボ空軍基地、ウクライナと隣接したクルスク州ボストーチヌイ飛行場などにウクライナ側のドローンによる空襲で死傷者が発生した。

◆ウクライナのドローン攻撃で減ったロシアのミサイル空襲

 
こうした攻撃は10月からロシアによるミサイル空襲を阻止する効果を出している。ニューヨークタイムズ(NYT)は26日、「エンゲリス基地など飛行場が攻撃を受けると、ロシアは戦闘機を別のところに移動させなければいけないほか、ここに配備された一部の巡航ミサイルまで失う可能性がある」とし「これら武器でウクライナを空襲しようとしていたロシアの計画にも支障が生じるしかない」と分析した。実際、エンゲリス基地には核爆弾の搭載が可能なロシア戦略爆撃機Tu-95、Tu-160が配備されている。ロシアはこれら爆撃機と長距離巡航ミサイルでウクライナの基盤施設を集中攻撃し、ウクライナ全域をエネルギー不足状態にした。

ドローンは事実上、ウクライナがロシアを直接打撃できる唯一の長距離攻撃手段だ。米国の支援で戦争中のウクライナだが、米国は長距離ミサイルを支援していない。米国の武器でウクライナがロシア本土を攻撃して戦争が拡大することを望まないからだ。

しかし米国はウクライナ軍が自らの武器でロシアを攻撃することには反対していない。オースティン米国防長官は6日、「米国はウクライナがロシア領土を狙える独自の長距離打撃能力を開発することを阻止していない」と述べた。米政治専門メディアのポリティコは「5、6日にロシア本土を攻撃したドローンは旧ソ連製ドローンTu-141をウクライナ軍が改造したものだ」と伝えた。NYタイムズによると、最近ウクライナの国営軍需会社は飛行距離が960キロ以上でロシアの首都モスクワまで打撃できるドローンを開発中という。

◆「ウクライナ戦争は最初のドローン戦争」

ドローンを戦場で活用するのはロシアも同じだ。相次ぐミサイル空襲で発射できるミサイルが減ると、イラン製自爆ドローン「シャヘド136」でウクライナの基盤施設を打撃している。

このためウクライナ戦争が「初の本格的なドローン戦争」(ワシントンポスト)という評価が出ている。ドローンが前面に登場して双方の戦争当事者に実質的な被害を与えたのは今回が初めてだからだ。アフガニスタンと中東で米軍がドローンを活用してきたが、当時は米国の空軍力で相手が完全に制圧された状況での作戦だった。

現代戦でドローンの効用価値が高まるのは何よりも安い費用のためだ。シャヘド136の場合、1機あたりの価格が2万ドル(約260万円)前後で、飛行可能距離も2000キロにのぼる。1発の発射のに数十万ドルから数百万ドルかかる長距離巡航ミサイルと比較すれば非常に安い。味方の人命被害なく敵の後方を攻撃できる。ワシントンポストは「ウクライナ軍が偵察用として使用する中国ドローン企業DJIのMatrice300ドローンの場合、4000ドルにすぎないが、ロシアの軍事施設を探知してウクライナ軍のロケット打撃正確度を大きく高めるのに寄与した」と伝えた。

960キロ離れたモスクワ狙う、ロシア爆撃機を消すウクライナの「秘密武器」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    960キロ離れたモスクワ狙う、ロシア爆撃機を消すウクライナの「秘密武器」(1)

    2022.12.28 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    4日、衛星写真で撮影されたロシアのエンゲリス空軍基地 写真=マクサーテクノロジーズ
    TOP