주요 기사 바로가기

お尻触りブラジャー検査…タイ警察が「セクハラ物議」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.03 09:16
0
タイ警察がバンコクで開かれた音楽祭に参加しようとする女性に身体検査を行う過程でセクハラ論争が起こった。

英紙デイリースターは先月31日(現地時間)、タイ・バンコクで3日間開催された「808ダンス&ミュージックフェスティバル」の警備員の過度な身体検査について報じた。

当時、警備員は麻薬を探すために女性観客のお尻を触り、ブラジャーの中まで徹底的に検査した。警備請負業者の代表は隠された麻薬を探すためにやむを得ない措置だったと釈明したが、あまりにも過度な身体検査だったという批判が出ている。

 
ある女性はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に身体検査の動画を公開し、「私だけでなくすべての女性がブラジャーの中を直接検査された。さらに、服の上から性器周辺や胸を触ったりもした」と述べた。

この女性によると、身体検査前に音楽祭の入場客に対して何の案内も行われなかった。また、会場に入った後に、該当の身体検査が主催側とは全く関係のないタイ警察の作戦だったという内容を伝え聞いた。

日本から音楽祭を楽しみに来た桶本ひとみさんも現地メディア・ココナッツとのインタビューで「身体検査がひどすぎた。タイの多くのお祭りに行ったことがあるが、このような身体検査をされたことはない」と話した。

特にこのような不満は女性入場者から出ており、男性入場者からは「過度な身体検査に対する不満を訴える割合が少なかった」とメディアが報じた。

音楽祭の警備責任者は「方針に従っただけだ。麻薬犯は主に私たちの手の届かないところに薬を隠して入ってくる。実際に多くの麻薬を摘発することに成功した」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    お尻触りブラジャー検査…タイ警察が「セクハラ物議」

    2023.01.03 09:16
    뉴스 메뉴 보기
    タイの国旗
    TOP