주요 기사 바로가기

プーチン大統領、突然「36時間停戦」命令…バイデン大統領「一息つこうとする」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.06 08:27
0
ロシアのプーチン大統領がウクライナにいるロシア軍に6日正午(以下、現地時間)から突然36時間の停戦命令を出した。軍人がロシア正教会のクリスマスを記念するということだが、バイデン米大統領はプーチン大統領が「一息つこうとしている」と評価をした。

5日のCNNなどによると、バイデン大統領はこの日、ホワイトハウスで国民向け演説をした後、関連の質問に対し「プーチン大統領が話すことに対応したくない」とし「彼は酸素を探そうと努力するようだ」と明らかにした。続いて「彼は12月25日(クリスマス)と新年にも病院と幼稚園、教会を爆撃しようとした」と述べ、懐疑的な反応を見せた。

この日、プーチン大統領はウクライナ戦争に参戦中の自国の軍人に36時間の停戦を命令した。これはロシア正教会のキリル総主教のクリスマス停戦提案を受け入れたものだ。

 
キリル総主教はこの日、6、7日にロシアとウクライナが停戦し、クリスマスを記念することを促した。キリル大主教はこの日、「戦争当事国が6日昼12時から7日夜12時まで停戦をし、正教会を信じる人たちがクリスマスイブと当日に礼拝に参加できるようにしてほしい」と要請した。正教会はキリスト教やカトリックのクリスマスより13日遅い1月7日をクリスマスとして記念する。トルコのエルドアン大統領もプーチン大統領と電話をし、ロシア側が停戦を宣言することを提案した。

ロシア大統領府は「正教会を信じる多くの市民がウクライナに暮らしているという点を考慮して停戦を宣言した」とし「クリスマスイブとクリスマスの礼拝に参加できることを望む」と明らかにした。ロシアが昨年2月にウクライナを侵攻して以降、全面的な停戦を軍に命令したのは今回が初めて。ウクライナ側は12月25日のクリスマスを控えてロシア軍の撤収を提案したが、ロシアはこれを拒否した。

ウクライナ側はプーチンの停戦令に対して「偽善」という反応を出した。ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は「ロシアとは違ってウクライナは外国の領土を攻撃したり民間人を殺したりはせず、我々の領土内の占領軍だけを攻撃する」とし「ロシアがウクライナの占領地を離れてこそ一時停戦が可能だ」と主張した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    プーチン大統領、突然「36時間停戦」命令…バイデン大統領「一息つこうとする」

    2023.01.06 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのプーチン大統領
    TOP