주요 기사 바로가기

<WBC>大谷、9日の中国戦に先発…10日の韓国戦はダルビッシュが有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.09 07:58
0
予想通り大谷翔平(LAエンゼルス)がワールドベースボールクラシック(WBC)初戦の中国戦に先発登板する。10日に行われる韓日戦には打者として登場する。

日本代表の栗山英樹監督は8日、東京ドームで行った公式記者会見で、9日午後7時に行われる中国戦の先発に大谷が登板することを予告した。メジャーリーグでも「二刀流」を成功させた大谷は初戦に投手として登場する。

今大会では1次ラウンドの球数制限が65球で、50球以上投げれば4日休まなければいけない。大谷の2度目の登板は16日に行われる8強戦になると予想される。韓国戦の先発投手は発表されていないが、ベテランのダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)が有力だ。

 
大谷は中国を相手に最善を尽くす考えを明らかにした。大谷は「野球は勝ち負けがつきもの。中国戦でできる限りのことをしたい。今の自分の100%は出せると思う。今年初めての公式戦なので、どこまで出るかはその時になってみないと分からない。明日の調子にもよる」と話した。

大谷はメジャーリーグのオープン戦で投球したが、日本代表に合流してからは一度も投げていない。大谷は「向こう(米国)ではピッチングもし、日本ではブルペンで投げた。いつも通り入りができれば、十分に試合を作れると思う」と語った。中国戦でも打席に入る予定の大谷は「投打ともにチームに必要だと思われているのであれば出たい。できる限りのことをする」と意欲を見せた。

一方、今大会ではメジャーリーグと同じく大谷ルールが適用される。投打で出場する選手の場合、マウンドを降りても指名打者として出場できる。大谷は6日の阪神タイガースとの練習試合で2打席連続本塁打を放つなど打撃好調だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>大谷、9日の中国戦に先発…10日の韓国戦はダルビッシュが有力

    2023.03.09 07:58
    뉴스 메뉴 보기
    プレミア12当時の日本代表の大谷翔平
    TOP