주요 기사 바로가기

<WBC>「大谷の漫画野球」で日本が中国を8-1制圧…韓日戦準備完了

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.10 07:56
0
大谷翔平(29、日本)のワンマンショーだった。メジャーリーグで見せた漫画野球をワールドベースボールクラシック(WBC)でもそのまま再現した。

日本は9日、東京ドームで行われたWBC1次ラウンドB組初戦で中国に8-1で勝利した。先発投手兼3番打者で登場した大谷の活躍が光った一日だった。

4イニングで49球を投げ、1被安打5奪三振の無失点に抑えた。最高球速160キロの剛速球と鋭いスライダーで中国打線を封じた。打席では1-0とリードした4回裏、左中間に2打点二塁打を放つなど、4打数2安打2打点2四球をマークしてWBCデビュー戦を終えた。

 
関心を集めたメジャーリーガーの中堅手ラーズ・ヌートバーはリードオフとして出場し、4打数2安打1四球2得点と自身の役割を果たした。守備でも安定したプレーを見せた。

日本はこの日、攻撃が滑らかでなかった。試合序盤に残塁が目立った。しかし必要な時に得点しながら中国を圧迫した。強みの一つ、守備力も目を引いた。

一方、中国は相次ぐ危機を最少失点で切り抜けながら中盤まで予想外のスコアを維持した。打者はコンパクトなスイングで日本の投手を苦しめ、守備陣は連係プレーでアウトカウントを増やした。ただ、若い投手が16四球を出した点が惜しまれた。

中国戦で戦力の優位を証明した日本は順調なスタートを切った。第2戦は10日午後7時に始まる韓国戦だ。

先制したのは日本だった。1回、先頭打者ヌートバーの中前安打と近藤健介と大谷が連続四球で無死満塁のチャンスを迎えた。村上宗隆が押し出し四球を選んで1-0とリードした。

追加点は4回にあった。一死二、三塁から大谷の二塁打で2人の走者が生還した。球速136キロの低いチェンジアップを流したが、左中間のフェンスを直撃した。

このように攻守で活躍した大谷は4回まで無失点好投した後、マウンドを戸郷翔征に譲った。しかし打席では指名打者として最後まで任務を果たした。

中国は5回に得点した。リャン・ペイが戸郷から左翼スタンドにソロ本塁打を放った。

しかし日本は7回、牧秀悟のソロ本塁打で4-1と点差を広げた。8回一死満塁の場面では山田哲人がタイムリーを放ち、その後さらに3点を追加して8-1で勝利した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>「大谷の漫画野球」で日本が中国を8-1制圧…韓日戦準備完了

    2023.03.10 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    プレミア12当時の日本代表の大谷翔平
    TOP