주요 기사 바로가기

【時視各角】日本の集団忘却と半導体復活の夢

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.04.07 08:26
0
日本が変わっている。沈む太陽と見れば誤算だ。韓国の一部では日本の無気力に言及しながら「失われた40年」と単純化したりする。そのような考えを持っているのなら改めなければいけない。日本は甘く見る国ではない。最近、日本は長い沈滞を乗り越えて、特有の底力を発揮しようとしている。

最も目を引く変化は半導体領土回復の動きだ。日本は北海道と熊本に半導体工場を建設する。推進の速度と方式、目標はすべて驚くレベルだ。熊本にできる台湾TSMC工場は深夜にも明かりをつけて24時間工事中だ。プライドは完全に捨てた。日本は1980年代に世界半導体市場を掌握していた。当時の日本の企業価値は世界時価総額の半分を占めた。信じがたい事実だった。それほど日本には底力があった。友好関係が格別だった台湾には半導体技術をかなり伝授した。

今は体裁を捨てて台湾から半導体生産技術を逆輸入している。台湾はこれに積極的に呼応している。中国の脅威に対するヘッジレベルだ。日本は中国牽制を進める米国の「チップ4」同盟とインド太平洋経済枠組み(IPEF)に迅速に加わった。

 
米中対立は眠っていた日本半導体の復活の夢を呼んでいる。半導体市場の地殻変動が日本の「神風」になるかもしれないということだ。日本の看板企業が参加して北海道に工場を建設することにしたラピダスはかつて半導体最強だったIBMの支援を受ける。メモリー半導体はサムスン電子・SKハイニックスが主導していて、日本の目標ではない。しかしチャットGPTのような分野で需要が急増するロジック半導体・イメージセンサーなどシステム半導体(非メモリー半導体)は日本にとって新たな機会だ。ラピダスはすぐに2ナノメートル(nm、10億分の1メートル)微細工程に挑戦する。

台湾の技術を導入するTSMC熊本工場には12nmおよび16nm、そして22nmおよび28nm半導体ラインなど2本のラインが構築される。この工場は最近需要が増える12インチウェハーを月5万5000枚生産できる。これを通じて需要が急増するイメージセンサーと自動車用マイクロコントローラーユニット(MCU)を生産する予定だ。

ラピダスはホームページに「設計、ウェハー工程、3Dパッケージングまで世界最高の工程短縮サービスを開発し、顧客に提供する」と経営方針を明らかにしている。メモリー半導体ではサムスン電子に劣勢でも、システム半導体だけは日本の底力を発揮するという意志が感じられる。日本は開発力・技術力・製造力など「ものづくり」の伝統がある。

韓国が龍仁(ヨンイン)半導体クラスター計画を発表したのは幸いだが、将来が明るいかは未知数だ。サムスン電子は工場進入道路の開設に数年を浪費し、SKハイニックスは120兆ウォン(約12兆円)投資発表後に用水確保に苦労した。超党派的な支援の下、自治体が担当部署まで設けて昼夜を問わず工場を建設する日本の躍進を防げるかは疑問だ。

さらに大きな問題は日本の変化を軽視する風潮だ。過去の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)、韓日合併直前にも朝鮮は日本情勢を直視しなかった。日本は独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土だと小学校の教科書に記述することにした。強制徴用も「参加」と本質を糊塗した。日本の戦後世代が集団忘却症になるしかない。学校で習わないからだ。100年前の関東大震災当時に6600人にのぼる朝鮮人虐殺事件があったが、知らないふりだ。そして原爆に関しては繰り返し国際社会に被害を訴える。歴史に目を閉じて必要なことだけを記憶する選択的知覚だ。

こうした日本の隣国として生きるためには冷静に現実を直視する必要がある。メモリー・非メモリーともに半導体超格差技術を守り、目を大きく開いて日本の動きを徹底的に把握することが、過去に目を閉じた日本にまたやられないための道だ。竹槍歌ばかり叫ぶ反日扇動は何の役にも立たない。

キム・ドンホ/経済エディター

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP