주요 기사 바로가기

愛国心消えたウクライナ軍、兵役忌避深刻(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.04.09 11:00
0
ウクライナがロシアに占領された東部・南部地域とクリミアを奪還するとして早ければ今月中の反撃を予告し、西側が支援する戦車と弾薬なども次から次へ補強されている。これに対抗してロシアは占領地に地雷を埋設して塹壕を掘るなど防衛態勢に力を入れている。しかし春の攻勢で戦わなければならない双方の兵士らは戦争が1年以上続き士気がますます落ちているという報道が出ている。

◇愛国心消えたウクライナ軍、兵役忌避深刻

愛国心で武装したウクライナ軍はロシア軍より心理的に優位にあったが、長きにわたり戦場での死と暴力を経験し疲弊しているニューヨーク・タイムズが4日に伝えた。

 
ウクライナ東部地域、特に最近激戦地として浮上したバフムトで10カ月以上にわたり消耗戦が繰り広げられウクライナ軍も深刻な損失を出したが、その過程で兵士らの心理的動揺が大きくなったものとみられる。バフムト南側に駐留しているある下士官は「感情が揺れ続けている。子どもたちと会いたい」と訴えた。

先月にはウクライナ第46空中強襲旅団で戦闘大隊長を務めた中佐がワシントン・ポストとのインタビューで、訓練をまともに受けていない新兵が投入されほとんどが死んだり負傷したという実状を伝えたりもした。彼は「兵士らは戦闘経験がなく逃げるのに汲々とした」と嘆いた。

こうした士気の低下は徴兵難につながっている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、昨年2月末にロシアが侵攻し始めた時は数千人の志願者が新兵募集所に列を作ったが、その後多くが死んだり負傷したりして軍の招集を拒否したり徴集されるのを防ぐため公共の場所に行くのを避ける男性が大きく増えた。

軍免除を受けるために数千ドルの賄賂を払って医者に診断書を書かせたり、数万ドルをかけてボランティアスタッフに身分を偽装してポーランド国境を越える事例もあった。ウクライナのゼレンスキー大統領も2月に「兵役忌避が現在深刻な問題」と認めた。

新兵募集が減り兵力損失が増加して入隊したばかりの兵士が数日の訓練で最前線に投入され、それにより死傷者が増える悪循環が繰り返されている。西側情報機関などによるとウクライナは開戦直後に総動員令を出して約14カ月間に訓練兵力を含め約90万人を招集し、そのうち死傷者規模は約16万人と推定される。

愛国心消えたウクライナ軍、兵役忌避深刻(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP