주요 기사 바로가기

22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.05 10:23
0
「声楽界のライジングスター」と呼ばれるキム・テハンさん(22)が2023エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝した。

4日未明(現地時間)、ベルギーのブリュッセルコンサートホール「パレ・デ・ボザール」で開かれたエリザベート王妃国際音楽コンクールの授賞式。審査委員長を務めるベルナルド・フォークロールさんが「テハン・キム!」を呼ぶと、ドキュメンタリー映画『韓国クラシックの謎(Lemystere musical coreen)』などの演出を手掛けたベルギー監督ティエリー・ロロさんは「5人目!」と韓国語で祝った。ホン・ヘランさん(2011、声楽)、ファン・スミさん(2014、声楽)、イム・ジヨンさん(2015、バイオリン)、チェ・ハヨンさん(2022、チェロ)に続きキム・テハンさんが5人目の韓国人優勝者という意味だった。2位は米国のコントラルト・ジャスミンホワイトさん(30)、3位はロシア·・ドイツの二重国籍のソプラノのユリア・ムチチェンコさん(29)が受賞した。ベースのチョン・インホさん(32)は5位に入賞し、バリトンのクォン・ギョンミンさんは決選進出に成功した。キム・テハンさんは大会史上、声楽部門初のアジア男性優勝者にもなった。1位の賞金2万5000ユーロ(約375万円)を手に入れ、2位まで与えられる軍代替服務の恩恵も受ける。

ショパン国際ピアノコンクール、チャイコフスキー国際コンクールとともに世界3大音楽コンテストとされるこの大会は、バイオリン・ピアノ・チェロ・声楽部門が毎年交互に開かれる。昨年チェロ部門のチェ・ハヨンさんが優勝したことに続き、韓国人が2年連続で首位に立った。声楽部門である今年の大会では、ソプラノのチョ・スミさんが審査委員を務め、話題になった。決選最終日の3日午後、ブリュッセル市内で会ったチョ・スミさんは「我が国の歌手たちが歌うことを見るだけでも涙が出た」と話した。朴普均(パク・ボギュン)文化体育観光部長官は4日、キム・テハンさんに祝電を送り「今回の受賞はKクラシックの世界的な影響力を刻印させた強烈な場面だった」と伝えた。

 
キム・テハンさんの今回の優勝は「メイド・イン・コリア」の音楽教育だけで収めた成果だ。ソンファ芸術高校とソウル大学音楽学部を卒業したキムさんは、バリトンのナ・ゴンヨンさんを4年間師事し、現在国立オペラ団スタジオでソプラノのキム・ヨンミさんに学んでいる。ドイツのハンス・アイスラー音楽大学に進学する予定だ。

キム・テハンさんは2021年、韓国声楽家協会国際声楽コンクールと中央音楽コンクールで2位を受賞した。昨年、ドイツのNeue Stimmen(新しい声)の決選に進出し、ソウル錦湖(クムホ)アートホール延世(ヨンセ)で錦湖ヤングアーティストコンサートでデビューした。キムさんは12人が競う決選舞台を準備し「ロマンチックな曲でレパートリーを構成した。最善を尽くして感情を伝えることに集中した」と話した。世界的な舞台で緊張したのではないかという質問にキムさんは「人に意識しないのが私の強み」とし「楽しみながら歌った。国際コンクールより国内コンクールの方が緊張する」とし「国内コンクールは1位になる自信がないほど天才的な実力者が多い」とその理由を説明した。

22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(1)

    2023.06.05 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    2023エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝したバリトンのキム・テハンさん(左)が、今年の審査委員として活躍したソプラノのチョ・スミさんと写真撮影に応じている。[写真 エリザベート王妃国際音楽コンクール]
    TOP