주요 기사 바로가기

22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.05 10:26
0
モネ交響楽団の演奏とともに行った決選で、キムさんは第2部の最初の順番に登場した。最初の曲としてワーグナーの『タンホイザー』の中で『夕星の歌』を歌った。きれいで模範的な歌唱だった。マーラーの『さすらう若人の歌』の中で『燃えるような短剣をもって』でも聴衆に余韻を残した。コルンゴルトの『死の都』の中で『おれのあこがれ、おれの夢想は』を歌う時は、感動につながる部分が注目された。最後の曲であるヴェルディの『ドン・カルロ』の中でロドリゴのアリア『私の最期の日が来ました〜おおカルロよ、お聞きください』も賢い戦略が目立った。イタリア語ではなく、オリジナルのフランス語版で歌った。

コンクールを控えて1日に何時間練習したかという質問にキムさんは「数えたことがない。声楽家は遊びながらも歩きながらも練習できる」とし「時間と場所にこだわらず、これまで音楽にほとんど浸ったまま生きてきた」と話した。

キムさんは元々ロック歌手を志望してきた。中学校時代にバンド活動をした。カナダのロックバンドSum41の長年のファンであり、クイーンやビートルズなど英国バンドも好きだというキムさんは「それでもクラシック音楽を最も多く聞いているし、好きだ」と笑った。

 
イタリアのバリトン歌手エットーレ・バスティアニーニの追従者でもあるキムさんは、現在歌曲に対する関心が高まり、ドイツの声楽家ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌を多く聞いていると言った。ぜひやってみたい役柄は『セビリアの理髪師』の中でフィガロだ。また「9月からベルリン・ドイツ・オペラで活動し、ゆっくりキャリアを積んでいくつもり」と話した。

キムさんは今の大会2、3位の受賞者とともに9月にソウル、釜山(プサン)、世宗(セジョン)など韓国国内で計10回の公演を行う予定だ。11月には大邱(テグ)オペラハウス20周年記念オペラアワードのガラコンサートにも出演する。

22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    22歳の韓国人バリトン歌手、世界3大コンクールで1位…アジア人男性声楽家初(2)

    2023.06.05 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    キム・テハンさんが決選舞台で熱唱する姿だ。キム・テハンさんはコンクール史上、声楽部門初のアジア男性優勝者になった。[写真 エリザベート王妃国際音楽コンクール]
    TOP