주요 기사 바로가기

映画『タイタニック』監督、「同じ場所で悲劇…111年前と奇異に似ている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.23 10:25
0
映画『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督は22日(現地時間)、深海に沈んだタイタニック号を見に行った潜水艇「タイタン」の事故に対し、「あまりにも非現実的だ」(quite surreal)と遺憾の意を表した。

キャメロン監督はこの日、米ABC放送とのインタビューでタイタン潜水艇の悲劇は111年前のタイタニック号事故と「奇異な類似性」があると明らかにした。

キャメロン監督は「タイタニック号事故との類似性に衝撃を受けた」とし「実際、タイタニック号の船長は船前の氷に対して繰り返し警告を受けたが、月明かりのない夜に氷原に向かって全速力を出し、その結果、多くの人が亡くなった」と話した。

 
また「警告を無視した非常に似たような悲劇が同じ場所で起きた」として「本当に、とても非現実的」と語った。

さらに「地域社会の多くの人がこの潜水艇(タイタン)について非常に心配した」とし「さらに多くの深海潜水工学界の最高専門家が会社に書簡を送り乗客を乗せるのは実験的で認証される必要がある」と指摘した。

また、タイタン搭乗者の一人であるフランス国籍のポールアンリ・ナルジョレ氏を25年間知り合っているとし、「彼がこのように悲劇的に亡くなったことは耐え難い」と話した。

キャメロン監督が1997年に演出した映画『タイタニック』はアカデミー賞作品賞と監督賞など11部門を席巻し、世界的に人気を得ることに成功した。豪華遊覧船タイタニック号は1912年、英国から米ニューヨークに向かう途中で氷河にぶつかって沈没し、乗客1500人余りが命を失った。

キャメロン監督は深海潜水の世界新記録を持っている。2012年、深海探査潜水艇や照明、3Dカメラ装備を開発して直接デザインした潜水艇で、深海1万908キロメートルに達する太平洋マリアナ海溝の海淵に単独で到達した。世界で最も深い海溝であるマリアナ海溝を探査したのは1960年2人乗りの潜水艇「トリエステ」以来2番目で、1人乗り潜水艇としては世界初の記録だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『タイタニック』監督、「同じ場所で悲劇…111年前と奇異に似ている」

    2023.06.23 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    ジェームズ・キャメロン監督 [ドキュメンタリー『ディープシー・チャレンジ3D』のスチールカット]
    TOP