주요 기사 바로가기

個人美容室に「ハマム」まで…プーチン大統領の超豪華装甲列車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.07 15:35
0
ロシアのプーチン大統領の豪華装甲列車内部が公開された。個人ジムをはじめ、美容室、バー、映画館だけでなくトルコ式公衆浴場として知られている「ハマム」まで完備しているという。

プーチン大統領は特に戦争中には汽車で移動するが、これは飛行機のように追跡できないためだ。

6日(現地時間)、英国テレグラフによると、ロシア調査報道メディア「トシイェセンター」は前日ホームページに「大統領のためのハマム」というタイトルで列車内部の写真と設計図などを報じた。

 
設計図を見ると、プーチン大統領の列車は狙撃を遮断するために装甲板を重ねて作った客車22両で構成されている。

内部には個人ジムや美容室、バー、映画館だけでなく、ハマムまで完備している。

列車には酸素呼吸器とともに心臓衝撃器が備えられていて、マッサージ用ベッドや超音波治療器、真空吸入器など美容機器も完備されている。

このうち美容機器が備えてある客車は盗聴などを防ぐための防音および遮蔽機能に対する特別注文があったともトシイェセンターは伝えた。

この外に列車が橋の下を通過する時も放送が切れないようにするための緩衝システムも現在開発中だという。

このような豪華列車にかかった総費用は少なくとも68億ルーブル(約106億円)と推定されている。

テレグラムはプーチン大統領が「自己管理をどれくらい徹底しているのかを示している」とし「最先端美容機器はカーダシアンも羨ましがるだろう」と書いた。

プーチン大統領が初めて特殊製作列車を使い始めたのは2004年最初の任期当時で、この列車も豪華天然木材と装飾で有名だった。今回公開された列車はメーカーのチルコンサービスが2017年に注文を受けて他の契約を先送りして職員を週7日投じて完成したとトシイェセンターは伝えた。プーチン大統領は通常22車両のうち10車両ほどを使い、他のロシア高位要人もたびたび彼の列車を利用するという。

トシイェセンターはロシア正教会キリル総主教が2010年ウクライナを訪問する時もプーチンの「オーダーメード型列車」の一つを利用したと報じた。

特に昨年ウクライナ侵攻以降では、航空機が襲撃されるとの懸念からプーチン大統領の列車利用が頻繁になったという。

西側制裁でロシア経済が危険だった昨年中・下半期にも新しい大統領客車の注文製作は続いたとトシイェセンターは指摘した。

チルコンサービスは現在の最小5億6220万ルーブル相当のスポーツ・健康用客車をはじめ客車3両を製作しているという。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    個人美容室に「ハマム」まで…プーチン大統領の超豪華装甲列車

    2023.07.07 15:35
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのプーチン大統領の装甲列車。[写真 SNS キャプチャー]
    TOP