주요 기사 바로가기

「ソウル明洞、ぼったくり料金との戦い」10月から110万円の過料

ⓒ 中央日報日本語版2023.07.19 11:57
0
「ぼったくり料金が再びまん延しないように明洞(ミョンドン)全域を価格表示義務地域に設定する。明洞商人会などと協議し、10月中に指定を完了する方針だ。

​ソウル中区(チュング)がぼったくり料金の撲滅などの対策を講じて施行する。中区は19日、「明洞観光改善総合計画」を立てて推進し、韓国の代表観光地である明洞の地位を新たに固める計画だと明らかにした。

​区は最近浮上したぼったくり料金問題をはじめ、観光客に不快感を与えかねない行為を総合的に分析し、▽街頭店の整備▽物価安定▽街の環境整備▽観光サービス改善の4大分野に対する対策を立てる。

 
​観光客が頻繁に訪れる記念品および化粧品店などを対象に表示価格履行の可否を調べ、二重価格表示、まとめ商品に個別商品価格を表示する不明な価格表示などがあるかどうかを価格表示制の実態を集中点検する。違反する場合、最大1000万ウォン(約110万円)以下の過料を科す予定だ。

キム・ギルソン区庁長は「明洞は韓国の代表観光地で、明洞が変わらなければ韓国観光産業の水準が変わることはできない」として「今回の総合点検を機に明洞のイメージを刷新し、観光サービス改善の模範事例とする」と話した。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ソウル明洞、ぼったくり料金との戦い」10月から110万円の過料

    2023.07.19 11:57
    뉴스 메뉴 보기
    ​明洞の化粧品売り場
    TOP