주요 기사 바로가기

ソウル市内の小学校教師、校内で極端的選択…児童が登校前に発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.20 08:20
0
ソウル瑞草区(ソチョグ)のある小学校で教師が極端的選択をした。

19日、ソウル市教育庁によると、瑞草区の小学校教師が本人が在職中の校内で自ら命を絶った。市教育庁関係者は「学校では発見後直ちに警察に通報し、警察が正確な死亡経緯を明らかにするために捜査中」と明らかにした。児童登校前に死亡現場が発見されて、これを目撃した児童はいなかった。

死因に関連し、校内暴力と加害者保護者の甲質(カプチル、状況の優勢者が相手に圧力をかけることでパワハラの一種)のためだったのではないかという疑惑も提起されている。ソウル教師労働組合はこの日声明書を通じて「情報提供によると、先週故人が担任をしていた学級で児童同士による暴力事案が発生した。児童Aが児童Bの額を鉛筆でひっかき、Bの保護者が教務室にやってきて『教師の資格がない』と言って強く抗議した」と伝えた。

 
警察関係者は「まだ調査中の事案なので死因に対する無分別な推測は控えてほしい」と話した。曺喜ヨン(チョ・ヒヨン)ソウル市教育監(教育長に相当)もフェイスブックに「捜査結果が出るまで学校構成員が受ける衝撃を勘案して下さるよう丁寧にお願いする」と書いた。

教師労働組合連盟(教師労組)はこの日声明を出して「教育当局と警察の聖域のない、徹底した真相調査を要求する」と求めた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル市内の小学校教師、校内で極端的選択…児童が登校前に発見

    2023.07.20 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル瑞草区(ソチョグ)のある小学校で教師が極端的選択をした。
    TOP