주요 기사 바로가기

<男子バスケット>3点シュート13本許した韓国、日本に敗れる…評価試合1勝1敗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.24 10:44
0
チュ・イルスン監督が率いる男子バスケット韓国代表が23日、ソウル蚕室(チャムシル)学生体育館で行われた日本代表との評価試合第2戦で80-85で敗れた。前日の第1戦を76-69で勝利した韓国は日本との評価試合2試合を1勝1敗で終えた。

今年9月の杭州アジア競技大会を控えた韓国はキム・ソンヒョン、オ・セグン(共にソウルSK)、ラゴナ(全州KCC)がコンディション問題で第1・2戦に欠場した。日本は米プロバスケット(NBA)で活躍中の渡邉雄太(フェニックス・サンズ)と八村塁(LAレイカーズ)が合流しなかった。

 
韓国は第1クォーターでハ・ユンギ(水原KT)のダンクシュートなどで14-5とリードした。しかし第2クォーターから日本に相次いで3点シュートを決められて23-25とリードを許した。韓国はイ・テホン(大邱韓国ガス公社)とイ・ウソク(蔚山現代モービス)の連続得点で40-43まで追い上げたが、前半を40-48で終えた。

日本のガード富樫勇樹を防げずリードされていた韓国はチョン・ソンヒョン(高陽ソノ)の3点シュートで61-60と逆転に成功した。しかし日本は第3クォーター終盤から韓国のゾーンディフェンスを崩した。追撃していた韓国は第4クォーター終盤に原修太に3点シュートを許して屈した。

韓国は守備に問題を表した。日本は3点シュート45本のうち13本を成功させた。第1戦とは違い積極的にボックスアウトを見せた日本はリバウンドでも34-31と上回った。日本は原修太が14得点、富樫勇樹が13得点した。韓国は若手のイ・ウソク(24)、ハ・ユンギ(24)がそれぞれ15点、14点を挙げたが力不足だった。第1戦で22得点して勝利に貢献したハ・フンはこの日5得点、チョン・ソンヒョンも3得点に終わった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP