주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>「満州事変忘れないようにしよう」サイレン鳴らなかった…「日本を過剰配慮?」中国人反発

ⓒ 中央日報日本語版2023.09.21 10:49
0
中国は満州事変勃発の「国恥」を忘れないようにしようという趣旨で毎年「仮想空襲サイレン」を鳴らしてきたが、今年浙江省杭州では省略された。2022杭州アジア競技大会に参加中の日本代表団を「過剰配慮」したのではないかと中国人が反発している。

中国で「九一八事変」と呼ばれている満州事変は1931年9月に日本軍が中国遼寧省瀋陽の南満洲鉄道を爆破した後、中国軍閥の仕業として満州攻撃を開始した事件だ。中国は犠牲者を追慕して日帝の蛮行を忘れないようにしようという意味を込めて毎年9月18日午前9時18分に合わせて満州事変の現場である瀋陽をはじめ南京・深圳・蘭州・西安など主要都市でサイレンを鳴らしてきた。

20日、香港明報は「満州事変勃発92周年を迎えた18日、全国の主要都市で空襲サイレンが鳴った反面、杭州ではサイレンが鳴らなかった」とし「杭州市当局に説明を求める声が大きくなっている」と報じた。これに対して23日に開幕するアジア競技大会を意識した措置ではないかという疑惑が広がった。明報は「杭州に滞在する日本人の視線を考慮したものではないかと主張するインターネット掲示物が削除されている」とし「多くの人々がこれに対して怒っている」と伝えた。日本は杭州アジア競技大会に史上最大規模の1137人の代表団を派遣した。

 
杭州市は「毎年5月12日が(杭州が属する)浙江省の防空・防災訓練日なので、5月に防空サイレンを鳴らすことで代替した」としながら「アジア競技大会を意識したという疑惑は事実ではない」と説明した。だが、杭州市は2019年から昨年まで9月18日になるとサイレンを鳴らしてきた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>「満州事変忘れないようにしよう」サイレン鳴らなかった…「日本を過剰配慮?」中国人反発

    2023.09.21 10:49
    뉴스 메뉴 보기
    杭州アジア大会
    TOP