주요 기사 바로가기

「ロシア空軍機、平壌に到着…露朝間接触が活発化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.27 08:52
0
ロシアのラブロフ外相が来月、北朝鮮を訪問すると言及した中、ロシア空軍機が26日午前、平壌(ピョンヤン)に到着したと共同通信が報じた。

共同通信は航路追跡サイト「フライトレーダー24」の記録を引用して、ロシア空軍所属の旅客機Il-62(イリューシン62)がロシアの首都モスクワから出発し、同日平壌順安(スナン)国際空港に着陸したと伝えた。

先月1日にも同機種の旅客機がモスクワから平壌に移動し、翌日午後離陸してモスクワに戻った。

 
当時は北朝鮮が「戦勝日」として記念する韓国戦争(朝鮮戦争)休戦協定締結日を迎え、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相がロシア軍事代表団を率いて北朝鮮を訪問した後、帰国して5日後だった。

共同通信は「ラブロフ長官の北朝鮮行きと11月の露朝政府間委員会を控えて準備作業のために接触が活発になる模様」と評価した。

ラブロフ長官は23日(現地時間)、米ニューヨークの国連本部で開かれた記者会見で、露朝首脳会談の後続措置として来月平壌を訪問する予定だと明らかにした。

中国官営メディアの中国中央テレビ(CCTV)によると、北朝鮮は前日、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡散で封鎖していた国境を開放し、外国人の入国を許可した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ロシア空軍機、平壌に到着…露朝間接触が活発化」

    2023.09.27 08:52
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのラブロフ外相
    TOP