주요 기사 바로가기

ZICOの曲なのにラップがない…ボーイズグループにも通用した「NewJeansの成功公式」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.29 10:54
0
1/2
SMからNCT以来7年ぶりにデビューしたボーイズグループ・RIIZE。[写真 SMエンターテインメント]
今秋、SM・HYBEなど大手企画会社から新人アイドルが続々とデビューし、K-POP市場に新たな風を吹き込んでいる。

彼らは、デビュー間もないが、新人らしからぬ成果を上げている。デビューアルバムを100万枚以上売り上げたり、国内はもちろんのこと、海外のデジタル配信・アルバムチャートにも名を連ねた。神秘主義を固守し、好奇心を刺激した過去とは違い、デビュー前からオーディション番組やオンライン・SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中心に姿を見せ、話題を引き起こすことも彼らの大きな特徴だ。

この4日のデビューした7人組のRIIZE(ライズ)はSMエンターテインメントでNCT以来7年ぶりにデビューしたボーイズグループだ。「ともに成長(Rise)して夢を実現(Realize)して前進するチーム」いう意味を込めた。歌手・ユン・サンの息子エントン、元NCTのショウタロウとソンチャンなどがメンバーに含まれ、大きな関心を受けた。更に、デビューの約1週間前からデビューの準備過程を写した写真展「Rise&Realize」も開かれた。今月10日に終了した写真展はアルバムの制作現場を写した写真240点、フォトゾーンなどで構成されていた。

 
RIIZEは本格デビュー後、急速に成果を出している。シングル『Get A Guitar』は一週間で100万枚以上売れた。K-POP史上、異例のデビューアルバム「ミリオンセラー」を記録した。『Get A Guitar』はレトロなシンセサイザーとファンキーなギターのリズムが印象的な曲だ。歌詞にはギターの音に合わせて一堂に会したメンバーたちが音楽を通じてお互いを理解して共感しながら1つのチームになっていく過程を描いた。RIIZEは、同曲でデビューから1カ月足らずで国内の音楽番組の1位候補にノミネートされ、11年目のグローバルスターの防弾少年団(BTS)のVと順位を争った。

HYBEの新人6人組のみBOYNEXTDOOR(ボーイネクストドア)の勢いも凄い。今年5月、シングル『WHO!』でデビューした彼らは、今月4日に1stミニアルバム『WHY..』で3カ月ぶりにカムバックした。同時にデビューから112日で米ビルボードのメイン・アルバムチャートに名を連ねた。ビルボードによると、『WHY..』は23日付のビルボード200に162位でチャートインした。別れの瞬間に感じた感情を率直かつ直接的に表現したリード曲『But Sometimes』はBOYNEXTDOORに初めて国内の音楽番組1位をもたらしたのに続き、複数の国・地域でアイチューンズの「トップアルバム」、「トップソング」チャート1位を記録した。

これらの早い成果は、大手事務所のサポートが土台になっているが、企画段階から変化の流れにうまく乗ったのも大きな役割を果たしたという評価だ。大衆音楽評論家のチョン・ミンジェ氏は「やはり大手事務所が持つインフラとノウハウは格別だから、新人としていいスタートラインに立ったという利点はもちろんある」としつつも、「ただし、今は過去ほど会社の名声ばかりに頼る雰囲気ではない」と述べた。

「昨年登場したガールズユニットNewJeans(ニュージーンズ)がK-POPの版図を変えたように、これまで暗くて強いコンセプトに重点を置いてきたボーイズグループにもイージーリスニング(easy listening)のような変化が必要だったが、最近出てきた2つのグループがこのような要求をよく満たしている」と人気の要因を指摘した。

評論家のキム・ドホン氏も「最近の新人ボーイズグループは深刻で悲壮な雰囲気よりも明るく、さわやかな姿が際立つ」と述べた。「RIIZEの歌は親しみやすいボーカルが中心で、BOYNEXTDOORの曲もZICO(ジーコ)がプロデュースしたのにラップがない」、「大衆的なメロディーと親しみやすいコンセプトを標榜するという点において、変化するボーイズグループの流れを示している」と分析した。

◆多国籍ガールズグループがデビューするJYP・YG

デビューを控えたグループもある。彼らは、事務所主導で制作されたサバイバル・コンテンツを通してメンバーを構成するなど、企画段階から大衆の目をつけてもらった。

JYPエンターテインメントはこの22日、ガールズグループVCHA(ピチョ)のデビューを確定させた。米国人4人、カナダ人1人、韓国・米国の二重国籍1名で構成された多国籍のガールズグループだ。JYPはテイラー・スイフト、アリアナ・グランデ、ポスト・マローンらが所属するユニバーサルミュージック傘下のレーベル・Republic Records(リパブリック・レコード)と手を握り、グローバル・ガールズグループを作るのに注力してきた。プロジェクト「A2K」という名前で一週間に2回ずつ公式ユーチューブでエピソードを更新し、メンバーの選抜などの企画過程を公開した。

YGエンターテインメントは、今月中に、新人ガールズグループのBABYMONSTER(ベイビーモンスター)をデビューさせる。BLACKPINK(ブラックピンク)以来7年ぶりにデビューするガールズグループだ。韓国(アヒョン、ハラム、ローラ)、タイ(ファリタ、チキータ)、日本(ルカ、アサ)の多国的メンバーで構成されており、今年3月からオーディション番組でデビューメンバーが確定した。まだ正式デビューをしていないにもかかわらず、BABYMONSTERのプレデビュー曲『DREAM』は、ユーチューブの再生回数が5000万回を超え、すでにファンダムが相当数できている。

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP