주요 기사 바로가기

「絶対に忘れられない悲劇」…タイタニック観光潜水艇惨事、映画として製作

ⓒ 中央日報日本語版2023.10.02 09:10
0
5人の命を奪ったタイタニック号観光潜水艇惨事が映画として製作されると29日(現地時間)、英国日刊ガーディアンが報じた。

潜水艇「タイタン号」は6月18日に潜水艇運営会社オーシャンゲート・エクスペディションズのストックトン・ラッシュ最高経営責任者(CEO)をはじめ、英国億万長者のハミッシュ・ハーディング氏、パキスタン系財閥シャーザダ・ダウッド氏と彼の息子スレマン氏、フランス海洋専門家ポール=アンリ・ナルジョレット氏を乗せて沈没遊覧船タイタニック号へ向かっている途中で行方不明となった。

米国沿岸警備隊などの大々的な捜索作業で4日後に潜水艇の残骸が深海で発見されたが、搭乗者5人は全員死亡という結論が出た。潜水艇は非常に強い外部水圧で潜水艇船体が内側に破壊される現象である「内破」が起きていたことが分かった。豪華遊覧船タイタニック号が1912年英国で米国ニューヨークに向かっている途中に大西洋の氷河に衝突して沈没して乗客1500人余りが命を失ったが、観光潜水艇で再び悲劇が繰り返された。

 
ガーディアンによると、映画は『Salvaged』というタイトルになると言われ、米国人プロデューサーのE・ブライアン・ドビンズ氏と製作会社MindRiot Entertainmentが共同製作する予定だ。ドビンズ氏は最近コメディホラー映画『The Blackening(ザ・ブラックニング)』の製作に参加していた。MindRiot Entertainmentは元オーシャンゲートのミッションディレクターのカイル・ビンガム氏のドキュメンタリーシリーズを製作中だ。

MindRiot Entertainment欧州コンテンツ責任者のジャスティン・マクレガー氏は「タイタンの悲劇は1986年スペースシャトル『チャレンジャー号』惨事を連想させる」とし「絶対忘れられない悲劇」とコメント。チャレンジャー号は1986年1月に打ち上げられて73秒後に炎に包まれて爆発し、乗務員7人全員が犠牲になった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「絶対に忘れられない悲劇」…タイタニック観光潜水艇惨事、映画として製作

    2023.10.02 09:10
    뉴스 메뉴 보기
    「タイタニック」号。[写真 オーシャンゲート]
    TOP