주요 기사 바로가기

民間人虐殺していたハマス隊員…銃撃を受け悲鳴あげて死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.17 09:33
0
イスラエル軍(IDF)が15日、民家を襲撃するパレスチナ武装勢力ハマスの隊員が銃で撃たれて倒れる場面を公開した。

イスラエル軍はSNSで「ハマス隊員が罪のないイスラエル共同体を侵攻して虐殺する姿」と説明した。映像はハマス隊員がイスラエルに浸透して撮影したボディカムの映像を後ほどイスラエル軍が確保したものとみられる。

約3分8秒に編集された映像だ。映像をみると、武装したハマスの隊員らはバイクに乗って日が昇る方向に進む。鉄条網が無力化されたところを通過して哨所形態の建物の前で銃撃戦をする。民家に到着すると、建物に向けて銃を撃つ。建物の窓の中の人影が銃弾を受けて倒れる姿もある。隊員らは建物に駐車していた救急車のタイヤを撃つ。建物の窓の防虫網を刃物で切り裂き、内部をのぞいた後、建物の中に侵入する。台所と寝室には先ほどまで人がいた痕跡が残っている。また外に出た後、ボディカムを付けていたハマス隊員は銃撃を受け、悲鳴をあげて倒れる。映像は澄んだ空を見せながら停止したまま終わる。銃撃を受けて倒れたハマス隊員が仰向けになって死亡したと推定される場面だ。

 
イスラエル軍はこれを公開し、「映像の中のハマス隊員をイスラエル軍が無力化した」と明らかにした。映像がいつ撮影されたかは表示しなかった。ハマスが奇襲攻撃をして人質を無差別的に拉致した開戦初日の7日午前と推定される。この映像で民家の時計は8時を指している。

ハマスとイスラエル軍によると、7日午前6時30分ごろ、ハマスが統治するパレスチナのガザ地区からイスラエル南部・中部地域に向けて数千発のロケットが発射された。また、イスラエル南部地域では分離障壁を越えてきたパレスチナ武装勢力と現地住民および軍人の銃撃戦が行われた。

AP通信などによると、戦争が9日間続いているこの日までイスラエルとハマスの双方で集計された死者数は4000人を超えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    民間人虐殺していたハマス隊員…銃撃を受け悲鳴あげて死亡

    2023.10.17 09:33
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエル民家を襲撃したパレスチナ武装勢力の隊員が銃撃を受けて倒れた後、ボディカムに映っていた場面。[イスラエル軍 SNS キャプチャー]
    TOP