주요 기사 바로가기

<中央フォーラム>韓日米のキャンプデービッド密着も「韓中関係は悪化しない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.27 11:38
0
今年8月に史上初めて韓日米単独首脳会談が開かれた米大統領の別荘「キャンプデービッド」は、それ自体が3カ国協力を象徴する言葉になった。韓国大統領室は当時、「3カ国協力の歴史がキャンプデービッド会議の以前と以後に分かれることになった」と明らかにした。

「韓国が日本、米国と共に世界を先頭で引っ張っていく位置に立った」と自評する「ポストキャンプデービッド」時代、韓国の最も大きな課題には中国との関係管理が挙げられる。これは韓国が日本・米国と近づくほど中国とは遠ざかり、「韓日米-中露朝」という冷戦構図が固まるのではという漠然とした不安感とも関連している。

◆韓中関係、楽観的な見通しが優勢

 
しかし専門家らはこれを「杞憂」とみている。中央日報が29日に開催される「2023中央フォーラム-米中覇権競争時代:韓国経済の活路は」を控え、国際関係・経済・産業専門家30人で構成された諮問団を対象に深層アンケート調査を実施した結果だ。

専門家の8割は「キャンプデービッド首脳会談の後にも韓中国関係は悪化しない」と答えた。韓米および韓日米協力と韓中関係は「ゼロサムゲーム」でなく両立可能という意味と解釈される。

アンケート調査に応じた専門家27人(未応答3人除く)のうち「キャンプデービッド首脳会談後に韓中関係が悪化する」と回答したのは4人だけだった。7人は「良くなる」、16人は「特に変わらない」と評価し、現水準維持または関係改善を予想する専門家が85.2%にのぼった。

楽観的な見方をした専門家が挙げた主な理由は▼韓中関係の悪化は双方に負担▼キャンプデービッドでなくとも中国との一定の葛藤は避けられない▼当初から3カ国協力自体が中国を排除する性格ではない--と要約された。

◆中国、日韓との対立は負担

まず、最近は中国の経済成長が急激に鈍化し、「習近平3期目」の不安定性が高まった。中国の立場では米国の牽制と内部の不安という内外の危機が存在する中、隣国の韓国と日本を同時に敵に回すのは負担になりかねない。実際、中国はキャンプデービッド会議の直後「中国に泥を塗った」と不快感を表しながらも、具体的な措置を取る兆しはない。

韓国や日本に圧力を加えれば、むしろ韓日米がさらに密着する結果をもたらすという懸念も作用している可能性がある。対外経済研究院のヨン・ウォンホ経済安保チーム長は「韓日米の2国間および3カ国間協力の強化で中国の焦りが強まった」とし「尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が一貫性を持って『相互尊重原則』を強調したのも、中国が韓国の外交基調を理解するのに役立った」と評価した。

同時に韓日米協力が米中競争の一つの軸と認識されないよう韓国が主導的に3カ国協力の意義を確立すべきだという声も出ている。東アジア研究院(EAI)の孫洌(ソン・ヨル)院長(延世大教授)は「戦争、自国優先主義、保護主義、ポピュリズムで国際社会が混乱している中、国際秩序を再建して模範的な新しい秩序を提示する多面的な協力の枠組みとして韓日米3カ国協力を活用するべきだ」と述べた。

キャンプデービッド首脳会談とは関係なく中国が着実に米国の覇権転覆を図る限り、韓中間の一部の葛藤は避けられないという分析もある。

慶煕大のチュ・ジェウ中国学科教授は「中国も自国の攻勢的な行為で韓日米軍事協力が追求されたという点をよく知っている」とし「それでも中国は沿近海防御と領土主権守護を最優先にし、周辺地域(韓国と日本)の反応を『払うべき代価』の一部と認識している」と説明した。

<中央フォーラム>韓日米のキャンプデービッド密着も「韓中関係は悪化しない」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP