주요 기사 바로가기

<中央フォーラム>韓日米のキャンプデービッド密着も「韓中関係は悪化しない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.27 11:39
0
◆台湾危機と北核の連動を懸念

実際、米中間の軍事力衝突の潜在的戦場である台湾海峡問題に関しても、今後、韓日米の調整された対応は避けられない選択肢という指摘がある。特に北朝鮮の核が頭の上にある韓国の立場では、台湾危機と北核危機が同時に浮上するシナリオに備えざるを得ない。韓国政府が「台湾海峡の平和と安定」を重視して武力衝突を警戒する理由だ。

中央大のペク・スンウク社会学科教授は「台湾の危機が高まる場合、北が韓半島(朝鮮半島)で局地的な挑発を起こす可能性を排除できない」とし「韓国は中国が台湾に対する武力包囲または占領に動き出せないよう明確な立場と態度を示す必要がある」と述べた。また「中国の膨張に対抗する新しいアジア多国間主義の枠組みを形成する案も考慮することができる」と話した。

 
ただ、多数の専門家は、台湾海峡で実際に軍事的衝突が発生する場合、韓国の役割は北朝鮮の挑発を阻止して韓半島の安定を図ることに限るべきだという意見を出した。亜洲大のイ・ワンフィ政治外交学科教授は「貿易依存度が高い開放型通商国の韓国が強大国競争の戦場に転落する場合、大規模な被害が避けられない」と指摘した。

実際、台湾の有事を想定した韓国の関与の程度と方式については専門家の間でも意見が分かれ、一つの正答が存在しない難題であることを傍証した。

<中央フォーラム>韓日米のキャンプデービッド密着も「韓中関係は悪化しない」(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP