주요 기사 바로가기

サウジに怒ったイスラエル…万博支持もイタリアに変更

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.28 13:24
0
イスラエルが2030国際博覧会(万博)開催地に関連し、サウジアラビアに対する支持を撤回した。イスラエル・ハマス戦争の過程でサウジがイスラエルのガザ地区攻撃を批判したのが影響を及ぼした。

現地日刊タイムズ・オブ・イスラエルによると、イスラエル公営放送局カンは27日(現地時間)、「イスラエルがサウジの2030万博支持を撤回することにした」とし「イスラエルはサウジの代わりにイタリア開催を支持することを決めた」と伝えた。

イスラエルは過去1年間、サウジ支持の意思を公開的に明らかにしてきた。米国の仲裁で両国関係の正常化が進められる雰囲気の中でだ。

 
しかし先月7日、パレスチナの武装組織ハマスがイスラエルを攻撃して戦争が勃発した後、状況が変わった。サウジをはじめとするアラブ国家がハマスに報復攻撃をするイスラエルを批判しているからだ。

特にサウジはガザ地区での人道主義的危機に懸念を表すなどパレスチナ寄りの立場を表した。このためにイスラエルが万博誘致戦でサウジ支持を撤回したという分析が出ている。

タイムズ・オブ・イスラエルは「イスラエルは昨年、米国の仲裁の中で国交正常化の合意を目標にして以降、サウジの万博誘致を支持し、公言してきた」とし「しかしサウジはガザ地区でのイスラエル国防軍の作戦を猛烈に批判し、国際社会にイスラエルに対する武器禁輸措置を促した」と指摘した。

一方、イスラエルの支持を受けることになったイタリアのメローニ首相は万博開催地を決定する28日のパリ博覧会国際事務局(BIE)総会に出席しない。メローニ首相の代わりに総会に出席するのはトリポーディ外務次官だ。開催候補地のローマが属するラツィオ州のロッカ知事も総会には行かず、 アンジェリール副知事が出席する。

イタリア日刊ラ・レプッブリカは「万博誘致競争でローマの敗色が強まり、メローニ首相とロッカ州知事が誘致失敗の責任を負わないために欠席を選択したとみられる」と伝えた。現地日刊イル・フォリオもイタリアは1カ月前までサウジに次ぐ2位で決選投票に自信を表していたが、最近は状況が逆転し、韓国がイタリアを抑えて決選投票に進む可能性があるという見方が出ていると伝えた。

ローマは万博誘致戦で釜山(韓国)、リヤド(サウジ)と競合している。万博開催地は28日に開催されるBIE総会で、182加盟国のうち分担金を納付した加盟国がする匿名投票で決定する。全体投票数の3分の2以上を獲得する国が出ればすぐに開催地に決定する。そうでない場合、1・2位の国を対象に2次決選投票を実施し、多数の票を獲得した国が開催地に決定する。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP