주요 기사 바로가기

イスラエルから釈放されたパレスチナ収監者「刑務官が暴力、犬扱いした」主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.28 15:46
0
イスラエルがパレスチナの武装組織ハマスとの合意により、パレスチナ収監者の一部を釈放した。パレスチナ収監者は監禁期間に非人間的な扱いを受けたと主張している。

27日(現地時間)、英国スカイニュース(Sky News)は釈放されたアブ・ガナム(Abu Ghannam)さん(17)について伝えた。

ガナムさんは4日間の予定で計画された休戦と人質解放合意の3日目だった26日にイスラエル収監施設から釈放された。

 
ガナムさんはインタビューでハマスがイスラエルを攻撃してから収監環境がさらに劣悪になったと伝えた。ガナムさんは「監獄で屈辱を感じた」とし「戦争が始まってから彼らは(監房に)入ってきて我々を殴り、犬扱いした」と説明した。

ガナムさんはバスに石を投げた容疑で1年前イスラエルに拘禁された。ただしガナムさんは今まで正式な有罪判決を受けていないという。

これはイスラエルが刑事訴訟手続きがなくても容疑者の拘禁を6カ月ごとに無制限延長できる「行政拘禁」政策を実施しているため可能なことだ。

現在イスラエルの刑務所に収監されたパレスチナ人7000人のうち2000人が行政拘禁状態だと推定される。

イスラエルは24日一時休戦に合意した後、ハマスに抑留された人質と対等交換する未成年パレスチナ人を「テロリスト」と規定している。

しかしパレスチナはこれらの大多数が単なる秩序違反に該当する行為を犯した場合が多いと反論する。

ガナムさんの母親は息子が釈放されたことに対して「神が与えた贈り物」としながら「奇跡も同然」と話した。

一時休戦を契機に釈放された他のパレスチナ人も収監環境が暴力的だったと伝えた。

ショルク・ドワイヤット(Shorouk Dwayatt)さんは2015年エルサレム旧市街地でイスラエル人1人を凶器で刺した容疑などで16年刑を宣告されて服役していたが今回釈放された。

これに先立ち、ドワイヤットさん側は当時ある男性が彼女に接近して頭にかぶっていたスカーフを剥ぎ取り銃を撃とうとしたため正当防衛に出たと主張したが受け入れられなかった。

ドワイヤットさんは先月7日の開戦以降、パレスチナ人収監者の処遇が悪化したとし、男性看守が女性収監者を暴行したり苦しめたりすることが増えたと証言した。

ドワイヤットさんは「彼らはすでに私を脅迫し、いつでも私の家にまた侵入するかもしれない」としながら「また逮捕されるのではないかと思うと怖い」と話した。

続いて同じ境遇にいるパレスチナ人を助けるために弁護士の資格を取得する考えだと説明した。

この日、家族のもとに戻ったイスラ・ジャビス(Israa Jaabis)さんも「女性収監者は非常に劣悪な状況に置かれている」としながら、彼女たちが「収監者(権利)運動に対してあまりよく知らないため、看守に対してどう行動しなければならないか分からない」と話した。

これに先立ちジャビスさんは爆弾攻撃でイスラエル警察官をけがをさせた容疑などで2015年11年刑を宣告されたが今回の休戦を契機に釈放された。

スカイニュースはイスラエル人の人質帰還については連日メディアを通じて報道されているが、パレスチナ人収監者に対するニュースはほとんど目にすることはできない指摘した。

一方、イスラエルとハマスが人質解放に伴う交戦中止の延長を決めたことが分かった中で、米国のブリンケン国務長官がイスラエルとヨルダン川西岸地域を再び訪れる。この日CBSニュースなど米国メディアによると、ブリンケン国務長官は休戦延長の可能性を模索するために今週、中東地域を歴訪する予定だ。

匿名の政府関係者はブリンケン国務長官が28日と29日ベルギー・ブリュッセルと北マケドニア・スコピエで開かれる北大西洋条約機構(NATO)と欧州安全保障協力機構の外務長官が出席するウクライナ関連会議に出席した後、イスラエルとヨルダン川西岸を訪れる予定だと伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP