주요 기사 바로가기

「ChatGPT学習に私の本を無断盗用」…映画『オッペンハイマー』原作者らがオープンAIなどを提訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.22 11:05
0
米国のノンフィクション作家11人がオープンAI(Open AI)やマイクロソフトを相手取って集団訴訟を起こした。

ChatGPTなど生成型人工知能(AI)を訓練するために自分たちの本を無断盗用したというのが理由だ。

 
訴訟を提起した作家の中には映画『オッペンハイマー』の原作である『オッペンハイマー 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』(邦題)の共同著者カイ・バード氏やピューリッツァー賞受賞作家テイラー・ブランチ氏が含まれたとロイター通信が21日(現地時間)、報じた。

原告はChatGPTなどを訓練する時に自分たちの作品が無断で使用されて著作権が侵害されたと主張した。原告の弁護人は「被告側は作家の本を盗用して数十億ドルを稼いでいる。作家たちは正当な報酬と待遇を受ける資格がある」とし、訴訟の趣旨を明らかにした。

原告は金銭的な損害賠償と共にオープンAIが著作権を侵害することを中断するよう命令してほしいとマンハッタン裁判所に要請した。

9月にも推理小説作家のジョン・グリシャム氏、マイクル・コナリー氏をはじめ、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者であるジョージ・R・R・マーティン氏ら米国有名作家17人と米国作家組合が、オープンAIを相手取り著作権侵害を主張する集団訴訟を起こしていた。

訴訟団は裁判所に提出した訴状で「オープンAIは作家の著書を海賊版電子ブックサイトからダウンロードした後に盗用した。これを通じてオープンAIは数十億ドルの収益を上げていると予想する」と主張した。

こうした中、AIを訓練する際に使われる有名データベース(DB)に1000件以上の児童性虐待イメージが見つかったとワシントン・ポスト(WP)が20日、報じた。

米スタンフォード大学インターネット監視所は最近の報告書で「LAION-5B」という人気オープンソースのイメージDBから少なくとも1008枚の児童性的虐待写真が見つかったと分析した。

スタンフォード大学インターネット監視所は「児童性虐待コンテンツや当事者の同意を受けていないわいせつ物をDBをスクリーニングして除去するための規約(プロトコル)を用意しなければならない」と明らかにした。LAION-5Bは「安全性を確保するために問題になるイメージを除去する作業を進めている」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ChatGPT学習に私の本を無断盗用」…映画『オッペンハイマー』原作者らがオープンAIなどを提訴

    2023.12.22 11:05
    뉴스 메뉴 보기
    映画『オッペンハイマー』の原作『オッペンハイマー 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』(邦題)の作家ら11人がオープンAIなどに対して集団訴訟を起こした。写真は映画『オッペンハイマー』。[写真 ダウム]
    TOP