주요 기사 바로가기

“グラミー賞の女王”テイラー・スウィフト「今が人生の最盛期」…BTSのジョングク、『Seven』のヒットにも招待されず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.06 09:15
0
もう一つのゼネラル・フィールズである「最優秀楽曲賞」は映画『バービー』の主題曲『What Was I Made For?』を作ったビリー・アイリッシュ(23)が受賞した。アイリッシュは映画の中のバービーが感じる感情に移入してこの曲を作ったが、完成したら自分の人生を語るような気がして驚いたと明らかにしたことがある。

「最優秀新人賞」は長い無名期間を経たヴィクトリア・モネ(35)が受賞し、9部門に最多候補にノミネートされたシザ(SZA、35)は「最優秀R&B」「最優秀プログレッシブR&Bアルバム」「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」など3冠に上った。

 
一方、今回のグラミー賞授賞式でK-POPの痕跡は見られなかった。これに先立って、BTS(防弾少年団)のメンバー7人をはじめBLACKPINK・TWICE・Stray Kids・TOMORROW X TOGETHER(TXT)・NewJeansなど多数のK-POPグループが出品したが、昨年11月に発表した受賞候補で1チームも選ばれなかった。特に2020年から3年連続でノミネートされたBTSは『Seven』(ジョングク)、『Like Crazy』(ジミン)などソロ曲が世界的に愛されたにも関わらずノミネートには失敗した。

候補者発表直後、AP通信は「TXT、Stray Kids、NewJeansなどは『ビルボード200』で1位を占め、グラミー賞にノミネートされる可能性があったが、実現できなかった。意外な結果だ」と指摘した。米日刊紙USAトゥデイは「世界で最も成功したジャンルの一つであるK-POPをグラミー賞が逃した。94部門があるにもかかわらず、確実な候補者を見落とした」と指摘した。

大衆音楽評論家のキム・ヨンデさんは「グラミー授賞式を主管する米国レコーディングアカデミーは白人の中年男性層が多数で、保守的な傾向をもつ」として「最近、数年間にわたりアジア系・若年層・女性投票人団を多く迎え入れたが、まだ『最優秀アルバム』でヒップホップの受賞者がいないなど、変化は容易ではない」と話した。

この日、ラッパーのジェイ・Zは黒人音楽産業の発展に貢献した者に授与する「ドクター・ドレー・グローバル・インパクト賞」を受けながら「一時、受賞結果をめぐってボイコットをしたことがあった」とし「かなり改善されているが、グラミーがより正確な授賞をしてほしい」と厳しく忠告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “グラミー賞の女王”テイラー・スウィフト「今が人生の最盛期」…BTSのジョングク、『Seven』のヒットにも招待されず(2)

    2024.02.06 09:15
    뉴스 메뉴 보기
    BTS
    TOP