주요 기사 바로가기

「北朝鮮、韓国防衛産業企業から盗んだ技術でSLBM開発期間を大幅短縮」

ⓒ 中央日報日本語版2024.02.27 09:27
0
北朝鮮が2016年に韓国国内の防衛産業企業から盗み出したコールドローンチ(発射管からミサイルを水面上に射出した後に点火する方式)技術などを適用して潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)開発期間を大幅に短縮したことを韓国情報当局が把握したという。

26日の東亜日報によると、北朝鮮が昨年3回の試みの末に地球の軌道に乗せるのに成功した最初の軍事偵察衛星「万里鏡1号」とこの衛星を搭載したロケット「千里馬1型」にも国内外の衛星企業から盗んだ発射体・光学装備技術などが多数活用されたと、韓国情報当局はみている。

 
また同紙は、北朝鮮の対南・対米核心戦略武器に韓国防衛産業企業の技術が適用されたという情報当局の判断が出てきたのは初めてだと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北朝鮮、韓国防衛産業企業から盗んだ技術でSLBM開発期間を大幅短縮」

    2024.02.27 09:27
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗
    TOP