주요 기사 바로가기

<サッカー>サウジ・パリも関心…「孫興慜はいくら?」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.27 10:12
0
天文学的な資金を投入しながら世界のサッカースター選手を集めているサウジアラビアが今年の夏、アジア最高のサッカースター孫興慜(ソン・フンミン、トッテナム)をスカウトするためにまた動き出すとみられる。

サッカー専門メディアTBRは25日、「ワールドクラススターでイングランドプロサッカー名門トッテナムのエース孫興慜を迎えるためのサウジ側の事前準備作業が進行している。大きな枠の計画は終わり、現在は細部事項を終えようとする段階」とし「今年夏の欧州サッカーオフシーズン中に実行に移す計画」と報じた。

 
サウジ公的投資基金(PIF)は最近、グローバルスポーツのサッカーとゴルフに天文学的な投資をしている。サウジに対する国際的な関心と親近感を高めるための戦略の一環だ。PIFはサウジサッカー名門クラブのアル・ヒラル、アル・ナスル、アル・アハリ、アル・イティハドの4つのクラブの運営権を確保した後、クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、カリム・ベンゼマ(アル・イティハド)、ネイマール(アル・ヒラル)など世界的なスターを次々とスカウトした。次の獲得目標はEPLの看板スター孫興慜、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスターシティ)、モハメド・サラー(リバプール)などだ。特に孫興慜は「アジア最高スター」という象徴性もあり、サウジが最も注目している選手という。

実際にPIFは昨年夏にも孫興慜獲得に向けて動いた。移籍料6000万ユーロ(約100億円)、年俸3000万ユーロを提示したが、孫興慜が断って実際の移籍につながらなかった。今回はPIFが孫興慜よりも先に所属チームのトッテナムを説得する方向に交渉戦略を変える計画だ。巨額の移籍料を提示してトッテナムのOKサインを受けた後、選手を説得して移籍を実現させるという戦略だ。

フランスサッカー名門パリ・サンジェルマン(PSG)も似た理由で孫興慜を獲得リストに挙げた。23日、仏メディアのスポルトは「PSGが孫興慜を獲得してアジア市場での影響力を拡大することを望んでいる」と報じた。PSGもPIFと同じく孫興慜の移籍料として6000万ユーロ前後の金額を設定しているという。

PSGが昨年、李康仁(イ・ガンイン)を獲得した後、ユニホーム販売などでかなりの収入が生じた。李康仁のユニホームは看板スターのキリアン・ムバッペを抜いて販売1位になった。スポルトは「昨年夏に李康仁を迎えてアジア市場の爆発的な潜在力を確認したPSGはアジア最高スターの孫興慜を獲得することを希望している」とし「今シーズン終了後にレアル・マドリード(スペイン)移籍説が出ているムバッペの空席を孫興慜で埋めることを検討している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>サウジ・パリも関心…「孫興慜はいくら?」

    2024.02.27 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    トッテナムで活躍中の孫興慜(ソン・フンミン)を呼び込もうとするサウジアラビアのオイルマネー攻勢が続いている。孫興慜(ソン・フンミン)がアルイティハドのユニホームを着たように合成した写真 [スコア90 キャプチャー]
    TOP