주요 기사 바로가기

亡くなった母親から帝王切開で取り出されたパレスチナ人の赤ちゃんが生存…母の名前で名付けられた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.22 11:10
0
ガザ地区の空襲で亡くなった妊婦のお腹の中にいた赤ちゃんが帝王切開で誕生した。

AP通信によると、20日(現地時間)夜、ガザ地区最南端のラファがイスラエルの空襲を受け、避難民のサブリーン・アルサカニさんや夫、4歳の娘が亡くなった。

 
死亡したアルサカニさんは妊娠30週だった。これに気づいた救急隊員たちは遺体を急いで近くのクウェート病院に搬送し、医療チームは帝王切開手術でお腹の中の赤ちゃんを取り出した。

赤ちゃんは女の子で、1.4キロと小さく生まれた。辛うじて呼吸して命が危険な状況だったが、医療スタッフが救急措置を取った末に安定を取り戻した。赤ちゃんは近くのエミラティ病院に運ばれて新生児特定集中治療室のインキュベーターで過ごしている。

この病院の医師モハマド・サラメさんは「赤ちゃんの健康はある程度回復したと言えるが、依然として危険な状況」とし、赤ちゃんが3~4週間入院生活をすると説明した。

同時に、「この赤ちゃんは母親のお腹の中にいなければならなかったが、その権利を剥奪された」として「この子は生き延びたけれど、生まれながらに孤児だ。そこに最大の悲劇がある」と話した。

赤ちゃんの名前は亡くなった母親の名前を取って「サブリーン・ジュダ」と名付けた。赤ちゃんの叔父は空襲で死亡した4歳の姪を思い出して「赤ちゃんの姉はまもなく妹が生まれるという事実に喜んでいた」として「赤ちゃんの名前を魂を意味する『ルー』と名付けたいと言っていた」と話した。

サブリンちゃんは、祖母が育てるという。サブリーンちゃんの祖母は「生まれてくれてありがとう」として「この赤ちゃんは私の愛、私の魂であり、私の息子に対する思い出」と話した。

この日の空襲で住宅2軒が打撃を受け、アルサカニさん家族を含めて計19人が死亡したとパレスチナ保健当局者は明らかにした。

イスラエル軍は、ラファ空襲による死傷者に対する質問に、ガザ地区で軍基地や発射台、武装隊員など様々な軍事標的が攻撃を受けたと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    亡くなった母親から帝王切開で取り出されたパレスチナ人の赤ちゃんが生存…母の名前で名付けられた

    2024.04.22 11:10
    뉴스 메뉴 보기
    パレスチナの国旗
    TOP