주요 기사 바로가기

怪物か魚か…ブラジルの海岸に打ち上げられた全長2メートルの大型海洋動物の正体

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.07 10:15
0
ブラジル南東部のビーチで奇怪な姿の大型海洋動物が死んだ状態で打ち上げられていたところを発見され、現地の人々の関心を引いている。

5日(現地時間)、ブラジルメディア「G1」などによると、サンパウロ州大西洋沿岸のイーリャ・コンプリーダ地域の南端のあるビーチで全長2メートルの奇怪な海洋動物の死骸が見つかった。

この海洋動物を初めて発見した写真作家のモニカ・ノバイスさん(47)は「ビーチの岩でモデルを撮影しているときに死んだ動物を発見して好奇心を持った」とし「全長が2メートルに達し、巨大な蛇のように見え、鋭い歯があったのでまるで怪物のようだった」と説明した。

 
また「その巨大さが私の関心を引き、口を開けたまま死んでいたので歯なども詳細に見ることができた」と付け加えた。ノバイスさんがこの海洋動物の写真を撮ってインスタグラムに投稿すると、オンラインでは早速この動物の正体について熱い論争が繰り広げられた。

海洋生物学者エリック・コミン氏はこの動物の正体について、蛇のように長く、うろこがなく細長く丸い体を持った特性を挙げて「ニセゴイシウツボ」ではないかと推定した。コミン氏は「鋭く大きな歯を持っているためものをかみちぎる魚として有名」とし「普段は海底の岩穴に体を完全に潜めている。エサが通過する時まで待って、外に飛び出してエサを素早く取る習性がある」と説明した。

あわせて「ニセゴイシウツボは魚、甲殻類、軟体動物を主餌としているが、人間には危害を加えない」とし「通常は人を見れば身を引き、洞窟の中に隠れている。人間に危険な動物ではない」と付け加えた。

では突然このニセゴイシウツボの死骸が浜辺に打ち上げられた理由は何だろうか。コミン氏は「底引き網にひっかかかって漁師に捨てられたようだ」とし「波に巻きこまれて浜辺に打ち上げられたところ、このような騒動が起きたようだ」と推定した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    怪物か魚か…ブラジルの海岸に打ち上げられた全長2メートルの大型海洋動物の正体

    2022.03.07 10:15
    뉴스 메뉴 보기
    ブラジル南東部のビーチで奇怪な姿の大型海洋動物が死んだ状態で打ち上げられていたところを発見され、現地の人々の関心を引いている。写真は記事と関係ありません。[Pixabay]
    TOP