주요 기사 바로가기

「ワクチンがない」「妊婦が刺されたら危険」…新型コロナが終わったら始まった感染症=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.22 09:33
0
最近、インドネシアに行ってきた50代の韓国人女性が「ジカウイルス」に感染した。今年初めての韓国国内の感染事例だ。

21日、疾病管理庁によると、2月にインドネシアを訪問して蚊に刺された50代の女性が今月初めに帰国した後、疲労、高熱、発疹、結膜炎などの症状が続いて医療機関を訪れてジカウイルス感染症の陽性判定を受けた。

ジカウイルス感染症は中南米と東南アジアなどで主に発生する蚊媒介感染症だ。韓国ではこれまで海外流入患者だけが確認された。

 
2019年に3人の感染者が発生した後、新型コロナウイルス感染症で海外旅行が減り、2020年と2021年には患者が確認されなかったが、昨年それぞれベトナム、タイ、フィリピンに行ってきた3人の感染者が発生したことがある。

ジカウイルスの他にデング熱、チクングニア熱など蚊が移す他の感染症も新型コロナ期間に停滞していたが、最近外国往来が増えることで海外流入感染者が増えていると疾病庁は伝えた。

今年に入って現在まで韓国国内で発生した蚊媒介感染症の事例は計41人で、昨年同期(2人)に比べて20倍以上増えた。デング熱感染者が昨年1人から今年35人に、チクングニア熱は1人から5人に増えた。

デング熱やチクングニア熱、ジカウイルス感染症は病気を起こす原因体はそれぞれ異なるが、いずれも感染した蚊類(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)が移す感染症だ。東南アジア10カ国はいずれも媒介蚊の生息地だ。

特に、ネッタイシマカが移すジカウイルスは新生児小頭症や脳神経障害を誘発すると伝えられている。この蚊に刺された場合、ほとんどは軽い痛みだけが現れるが、妊婦がウイルスに感染した場合、胎児に脳損傷とともに小頭症が発生する可能性がある。予防ワクチンはまだない。

疾病庁は東南アジアをはじめとする蚊媒介感染症国家を訪問する際は、蚊の多い草むらや山奥をできるだけ避け、外出時には明るい色の長袖上着や長ズボン、蚊忌避剤を使用するなどの予防規則を守るように呼びかけた。

また、帰国後2週間以内に発熱、頭痛、筋肉痛、発疹などの疑い症状が発生した場合、近くの医療機関を訪問して海外訪問歴を知らせて診療を受けるように呼びかけた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ワクチンがない」「妊婦が刺されたら危険」…新型コロナが終わったら始まった感染症=韓国

    2023.03.22 09:33
    뉴스 메뉴 보기
    資料写真 [シャッターストック]
    TOP