주요 기사 바로가기

「140キロの金正恩氏、睡眠障害か…ゾルピデム情報集中収集」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.01 07:10
0
北朝鮮の偵察衛星発射失敗の原因について、国家情報院が「無理な経路変更による技術的問題」と分析した。金奎顕(キム・ギュヒョン)国家情報院長は31日、国会情報委員会に出席してこのような内容を報告した。

情報委員会与党幹事の劉相凡(ユ・サンボム)国民の力議員は、会議後、発射の動向に関連した国家情報院報告を伝えた。

劉議員は「国家情報院は(北朝鮮偵察衛星の)飛行を見て、過去は第1~2段階の飛行ルートが一直線だったが、今回は西向きの経路を設定した。だか途中で東に無理に変更して技術的問題が発生した可能性があると分析した」と明らかにした。また「韓国のヌリ号打ち上げ成功に刺激を受けて通常20日が必要とされる準備過程を数日に短縮して、新しい東倉里(トンチャンリ)発射場の工事が終わらない状態で、焦って敢行したことも原因という分析を出した」と伝えた。

 
偵察衛星発射体に関連して、国家情報院は「千里馬1型、ICBMエンジン基盤新型発射体」と評価した。劉議員は「今回の発射体に搭載されたのは万里鏡1号」とし「全長1.3メートル、重さ300キロで解像度が最大1メートル以内である小型低軌道地球観測衛星と判断される」と伝えた。追加発射の可能性に対しては「エンジンの異常点検をするために数週以上かかるだろう」としながらも「欠陥が軽微なら早期発射の可能性も排除できない」と伝えた。

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が直接発射を参観した可能性も懸案報告で言及された。劉議員は「東倉里発射場から1.3キロ離れた観覧台付近に車両およびテントなど観覧施設が識別されたが、金委員長が現地で(発射を)参観したと推定している」と話した。北朝鮮が失敗原因を2時間30分後に認めて迅速に公開した意図については「発射過程を透明に見せることによって発射行為の正当性を印象づけようとする狙い」と話した。

金委員長の健康状態に対する報告もあった。国家情報院は北朝鮮当局が今年4月、海外から不眠症治療のためのゾルピデムなど最新医療情報を集中的に収集した点を根拠に金委員長が睡眠障害を抱えていると推定した。劉議員は「マールボロ・ダンヒルのような外国たばこと高級洋酒が(北朝鮮に)多量に入ってきていて、アルコールとニコチン依存が強くなり、さらに深刻な不眠症に陥る悪循環に対しても国家情報院は注目している」と話した。金委員長の体重は140キロ中盤と分析され、前腕に見える傷はアレルギーとストレスが複合的に作用した皮膚炎と推定された。

北朝鮮の対内外動向に関連し、国家情報院は「中国・ロシアと密着しているが、裏面には実務的葛藤が足をひっぱっている状況」と評価した。劉議員は「中国当局が北朝鮮人の密輸・密入国など違法活動を処罰したり、在留期間満了者の帰国を要求したりしている状況」と伝えた。ロシアが北朝鮮の制裁違反輸出項目に難色を示す雰囲気も捉えられたという。

国家情報院はまた、北朝鮮の穀物価格が昨年1-3月期に比べてトウモロコシが60%、コメが30%近く値上がりするなど、金委員長執権以降で最高の食糧難を経験していて、餓死者発生も例年に比べて3倍になったと報告した。特に北朝鮮の自殺率が昨年比40%増加して、金委員長がこれを「社会主義に対する反逆行為」と規定したという。

一方、民主党はこの日、米国中央情報局(CIA)盗聴疑惑に対して質問したが、国家情報院の答弁を巡り問題が起き、3時間で会議の正常運営に乱れが出た。情報委野党幹事の尹建永(ユン・ゴンヨン)民主党議員は、会議後、「国家情報院が『龍山(ヨンサン)大統領室は高度な保安政治が用意されている』という言葉だけを繰り返し、複数議員から問題提起があった」と様子を伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「140キロの金正恩氏、睡眠障害か…ゾルピデム情報集中収集」

    2023.06.01 07:10
    뉴스 메뉴 보기
    国会情報委員会は31日、全体会議を開いて国家情報院を対象に懸案質疑を行った。キム・ヒョンドン記者
    TOP