주요 기사 바로가기

「食材はすべて福島産」…“中国人ターゲット”案内板掲げた日本の居酒屋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.08.30 06:53
0
福島第一原発汚染水放流以降、中国の反日感情が激化する中で日本で中国人客を狙って「食材はすべて福島産」と書かれた黒板を掲げた店が登場した。

黒板を見た日本居住の中国人が現場で警察に通報して抗議する事件も起きた。

29日、X(旧ツイッター)には東京新宿に位置したある酒屋の外部写真が多数掲載された。「中国人へ。当店の食材はすべて福島県産です。生350えん」と書かれた黒板を掲げた。

 
24日、汚染水放流以降、東京電力だけで中国発の抗議電話が6000件かかってくるなど、日本現地の公共機関・病院・レストランが中国からかかってきた嫌がらせの電話で疲弊する中で、該当の黒板写真はこの日、SNSで共有されて拡散した。

日本ネット上はグーグルマップなどに「福島出身だ。社長を応援する」「これからも頑張って」などのコメントとともに星5点を残して呼応した。反面「堂々と人種差別の看板を出している」として最低点を残した人もいた。

看板を見た中国人が該当の店を警察に申告するハプニングが広がることもした。中国人のAさんは「福島産食材でもいい。しかしなぜあえて『中国人へ』と書くのか」として店を警察に通報する映像をSNSに掲載した。

Aさんの通報を受けて出動した警察は、店主と対話をした後「中国人に対する言葉ではなく、福島県産の食材を使っているという事実を店に入ってくる前に知らせるためのものだとしている」とし「どんな文章を書くかは店の自由で、警察は何もできない」と案内した。

これに対してAさんは「中国人として国籍差別だと考える」とし「すべての食材が福島産なのは本当か。でなければ詐欺ではないのか」と抗議して店主に内容を変えるように要求した。

警察の仲裁により、結局店主は黒板の言葉を「祝優勝。北口榛花」に変えた。北口選手は26日の世界陸上選手権女子やり投で金メダルを獲得した。

該当の居酒屋では店先の黒板に名言やユーモアなど、日替わりで一言書くことで有名だという。

汚染水放流が確定した22日には「福島県で処理水(汚染水の日本名称)放尿。生350えん」と書いた黒板を店先に出したことがある。

汚染水放流直後、中国内では日本人学校や在中日本大使館にはレンガを投げ込まれるなど反日感情が高まっている。

SNSでは不買品目リストが飛び交うなど不買運動の兆しが見えていて、日本現地商店や公共機関などに対する無差別抗議電話も相次いでいる。

これに対して岸田文雄首相は前日、「遺憾なことであると言わざるを得ない」とし、中国側に中国国民の冷静な対応を求めるように要請したと明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「食材はすべて福島産」…“中国人ターゲット”案内板掲げた日本の居酒屋

    2023.08.30 06:53
    뉴스 메뉴 보기
    福島第一原発汚染水放流以降、中国内の反日感情が高まる中で29日、東京にある居酒屋は「中国人へ。当店の食材はすべて福島県産です。生350えん」と書かれた看板を掲げた。[写真 グーグルマップ キャプチャー]
    TOP